$post->post_title


FXは自由な金融取引





 日本のFXは、1986年にスタートした比較的新しい金融商品です。それだけに伝統的な「株」や「投資信託」などとは少し毛色が異なると言えるでしょう。→より自由な取引ができる仕組みとなっています。

 レバレッジ(小さな金額を元手にして、大きな外貨取引を行えるという仕組みのこと)も株の信用取引なら最大3倍だが、FXなら25倍なんてレベルも楽々可能だ。





下がっても儲けられる





 FXでは「これから価値が下がる」と思えば、カンタンに「売り」という取引を行うことができる。「売り」とは、今の価格よりも下がれば儲かる取引で、つまりは「株」の信用取引の「売り」と同じこと。でも難しく考えることはありません。FXではゲームのような感覚で「下がる」と思えば「売り」を選択すればイイというだけの話です。通貨は上昇することもあれば下落することもあり、どちらに動いても利益のチャンスがあるのが強烈な強みだ。「買い」しかできなければ、その通貨が値上がりする方向にしか賭けられなかったらその通貨が値上がりする方向へしか賭けられないが、「買い」と「売り」を使い分ければどんな局面でも儲けることが可能だ。まさに鬼に金棒なのである。

 為替相場はまったく動かないこともあれば、上下に行ったり来たりを繰り返したり、上か下のどちらかを目指してゆるやかに動くこともある。どんな相場でも利益につながる戦略はあるが、最もチャンスが大きいのは何らかのきっかけで、一方に大きく動いている時だ。(例:アベノミクス相場)





2012年末以降のアベノミクス相場




たとえば、2012年末以降のアベノミクス相場で、米ドルを買って寝ているだけで大儲けできた。私もも波乗り投資金を5倍程度にすることができた相場だ。「億り人(億の利益を出した人)」の仲間入りをする個人投資家が続出した時期でもある。
 その後も、ドル/円が一日で7円も動いた2016年の「ブレグジット」(イギリスが国民投票でEUからの離脱を決定)や、米国の新大統領の政策期待で一気にドル高と株高が進んだ「トランプラリー」など、為替相場を大きく動かすエネルギーとなるチャンスは折に触れて訪れる。私は当時まだ投資を行っていなかったのですが、「100年に一度の金融危機」と言われた2008年のリーマンショックでさえ、円高の波に乗ることができれば億万長者のチャンスと成り得た。世界が深刻な不況に陥る中で、資産を倍増させることだって可能なのがFXなのである。





「億り人」チャンスは突然やってくる!





「カンタンに儲かる」なんて嘘を言うつもりはない。どんな敏腕トレーダーでも。将来のた為替相場を完璧に予想できる人なんていないし、たまたま続いたとしても偶然でしかない。
 でも勉強することで少しでも勝率を上げていき、間違った時は直ちに損切りし、思い通りに動いたときはにはどこまでも利益を伸ばすということなら、普通の人でもできるはず。現に、ごく普通のサラリーマンや学生がFXで億単位の資産を築いた例もたくさんある。もちろん、同じことが誰にでもできるこわけではないし、運や才能やセンスに影響することもあるだろうが、努力次第でそこに近づくチャンスは開かれているのだ。





世界の通貨に投資できる





 世界中のいろんな通貨を取り扱っているのもFXの特徴だ。「トレードに徹するなら、主要通貨だけでいい」というのが私の主張だが、世界中の国の通貨の値動きを見ているだけで面白いし、世界経済の勉強になるものだ。
 かつては、日本だけが低金利で米ドルを含め外貨なら何を買っても、持っているだけで日本の預金では考えられない水準のスワップ(FXでの金利)を受け取ることができた。しかし、リーマンショック以降はアメリカにも欧州も日本と同様に低金利政策を取るようになり、金利収入はほとんど期待できなくなった。
 一方、高いスワップがつく高金利通貨の代表格であるトルコリラ南アフリカランドは、いずれも国の政情が不安定で失業率も高く、インフレといった経済問題を抱えている。金利と経済や国の情勢の関係も、こうした国々を見ることで実感できるだろう。





いつでもできる!





 取引所が開いている間だけ決まっている「株」などと違って、世界中で取引されている為替は、基本的にはいつでも取引できる。早朝のオセアニア市場に始まって、朝から昼間は日本市場。夕方からは欧州に移り、夜は米国へと、主戦場が世界各国へリレーされていくからだ。FXは少ない元手で大きなお金を動かすトレードが主流だから、放置せずに相場を見ながらやったほうがいい。「株」のように会社に行っている間に動く取引の場合、サラリーマンはなかなか参加できないが、FXは夜が最も活発に取引される時間帯。これは普通の人にとっても大きなメリットだ。





どこでもできる!





 インターネット環境があれば、どこでも取引できるのもFXのメリット。パソコンはもちろん、スマートフォンタブレットでも気軽に取引できる。最近は国内外でWi-Fi環境のあるスポットが増えてきているので、外出先はもちろん、旅先や海外でも手のひらの中でFXトレードができてしまうのである。





コストが安い!





 海外旅行に行った時のことを思い出してほしい。外貨の両替手数料は、結構高い。銀行窓口で両替えしてもらう場合、4~6円近くの開きがある場合がある。ということはつまり、買って売っただけで約4~6円の損。それほどコストが乗っているということだ。外貨預金でもドル/円で2円のコストは当たり前。
 それを考えるとFXの低コストぶりはすさまじい。たとえば、低スプレッド(つまりコストが安い)業者として有名なDMMFXの場合、なんとこの「買いの値段」と「売りの値段」の差が0.3銭!(2019年6月30日現在)もしも100万円分のドルを買ったとしたら、外貨預金のコストは2万円、FXのコストは0.3万ということなんです。。。。
 これってスゴくない??





レバレッジのスゴさと怖さ!





 さっきから何度も出てきているレバレッジ。これは、元手資金の何倍もの量の外貨が取引できるということだ。
 レバレッジ25倍の場合、原理的には100万円を元手で2500万の外貨を売ったり買ったりできるともいえる。
 仮に1ドル100円の時に100万円でドルを買ったとして、1円下がったら1万円の損。ということは、2500万円分の外貨の場合、1円値下がりしただけで25万円の損となる。もちろん、儲かるときも1円上昇で25万円の利益となるわけだから、一方だけ見るべきではないが、それにしてもそれだけパワーのある取引なので扱いには気をつけとほうがいい。F1カーにいきなる乗るやつはいないとうことだ。
 便利な道具も使い方を間違えると危険なので、慣れないうちは低レバレッジを徹底しよう。経験と知識を重ねることで、そのポテンシャルを存分に使いこなせることを理解しておこう。





国際ニュースに敏感に!





 FXに限らず株などあらゆる投資いえることだが、取引を始めたとたん、それまではモノクロに見えていた新聞やビジネス誌の記事が総天然色に変わって、物事が立体的に見えてくるように感じることがある。
 外貨の投資をしていなければ気にすることがなかったであろう金や原油の価格が、海運業者の業況指数が、各国の中央銀行による金融政策や金利動向が、ビビッドかつ身近に感じられるなる。これは、普段のお仕事にもパワーになることでしょう。(いわゆる大人の会話ができるようになる。)
 実際、私たちの生活は為替相場や成果経済に密接に関連している。たとえば、今日食べたものを思い出してほしい。日本で生産されたものは意外と少なく、多くは輸入品だ。パンもうどんも原料は輸入小麦。牛や豚や鶏も、日本で飼っていたとしても餌の多くは輸入されているので、完全な国産とは言い切れない。
 実際、海外発のニュースで為替相場はもちろん、日本の株式市場や物価まで振り回されるケースは枚挙にいとまがない。望むと望まざるとにかかわらず、経済のグローバル化はもう誰にも止められないのだ。FXを通して世界ニュースに敏感になれば、取引が上達するのはもちろん、仕事や生活にもきっと役立つはずだ。