$post->post_title


FXは少ない資金で始められるのがメリットの一つとされています。
 →ちなみに私は15万円からスタートしました。


たとえば、1ドルが100円の場合、1万ドル買うには本来100万円が必要な計算となるが、FXではレバレッジがかけられるため、取引額と同じ資金を用意する必要はない。それどころか、資金の何倍ものポジション持つことも可能です。これがレバレッジの威力です。





証拠金を担保に預けた資金の何倍もの取引ができる。





こんなことができるのは、FXが売りと買いの差額をやり取りする差額決済だからだ。損失が証拠金額の一定割合に達した時にはポジションが強制決済される仕組みであり、少額の資金でのトレードが可能となっている。
 FX会社では、1万通貨単位ごとに拘束する証拠金の額を定めている。(1000通貨単位の会社も存在します。)たとえば、1万ドルのポジションを持つには最低4万円の証拠金が必要、といった具合だ。1000通貨から取引できる会社であれば必要証拠金の額も10分の1で済み、取引は4000円から可能ということになる。必要証拠金の額はFX会社が法令の範囲内で独自に定めている。





用語解説 「ポジション」

投資商品を保有している状況のこと。FXにおいては、何かの通貨を買っている場合はロングポジション。売っている場合はショートポジションなどという。通貨ペアにおいてどちらかが買うことは必然的にもう一方を売ることになる。






レバレッジって具体的にどういうこと?





 1万ドルの取引に必要な証拠金の額が4万円の場合、4万円の資金があれば1万ドルのポジションを持つことはシステム上は可能だ。証拠金の額の25倍のポジションを持っているので、レバレッジは25倍ということになる。
 しかし、可能だからといって本当にこうした取引をしていいというわけではない。最低限の証拠金で、めいっぱいのポジションを持つのはかなり危険な取引だ。余裕の証拠金が全くないので、少しでも思惑と逆の方向に相場が動くと必要な証拠金の額が足りなくなり、取引を強制的に終了させられることになる。





ギリギリの資金では取引を継続できない!





 逆に、口座に必要証拠金を上回る金額を入れておくと、相場変動を受け入れる余裕が生じることになる。その金額が多いほど、含み損が出ても取引を長く継続できることになる。とはいえ、これだけで安全とは限らないで注意したい。レバレッジについては、後ほど詳しく説明したい。(少々お待ちください。)
 現実問題として、4万~5万円程度の資金では適切なリスク管理ができないので勧められない。しかし、上記でも触れたが、1000通貨単位で取引できるFX会社が増えているので、こうしたところを利用してポジション量を抑えれば、リスクを抑えた取引もある程度可能となる。
 重要なのは、レバレッジの倍率ではなく、自分が許容できる損失額はどのくらいかで、その額はどれだけのポジションを持って相場がどのくらい動いた結果に相当するかを事前にしっかりシミュレーションすることだ。資金の多寡やレバレッジの倍率を単体で見るのではなく、資金とポジション量と損益のバランスを適切に管理することが重要になる。





金管理はスマートに!

  1. まず、自分の資産全体の中で為替のリスクを取ってもいい額を考えよう!
  2. どれだけ損しても平気かを考えよう!3円動くと3万円か~・・・etc